Straight

ユーザーの視線は一直線にコンテンツそしてナビゲーションへたどります。

コンテンツファーストの考えに基づき、SStyleではページを開いた瞬間、画面全体にコンテンツが表示されます。。

ページのレイアウトはシンプルで、コンテンツを見た訪問者の目線は一直線に真下に下がり最後にメニューが訪れます。

一般的なWebサイトで用いられるトップメニューやサイドメニューを大胆に外したのには理由があります。
90年代のWebサイトは人力での検索エンジンや相互リンクから訪問者が訪れていました。
サイトのトップページに最初に案内され、そこからサイト内のメニューをたどって欲しいコンテンツを探す必要がありました。

現在ではGoogleやSNSによる記事への直接リンクが一般的です。
閲覧者はコンテンツに直接アクセス出来て、メニューを使うのはコンテンツがそのページにない時だけです。

ユーザーの時間を無駄にしない

スマートフォンでのWebサイト閲覧は時間が限られているので訪問者は検索エンジンで開いたページに欲しいコンテンツがすぐに見つからなければ検索エンジンに戻って別のページに移動してしまいます。
サイト内のメニューが使われるのは、欲しいコンテンツを見つけた人が更に多くの情報を求めた時だけです。
SStyleでは一番最初に迷うことなくコンテンツを表示し、訪問者の満足度を上げ、コンテンツを全て読んで満足した後で別のページに行くメニューが現れる形式としました。